ウツクシノとは、イヤシロチのうちでも最も美観電圧の高い、最高のパワースポットです。

植物波農法

Shokubutsuha
植物波農法

植物には、人体の脳波や心電図に似た、電気的な変動がある。それは、環境や時間と共に刻々と変化する。楢崎は、この波形を「植物波」と名付け、波形が正常に揃うように環境を整えようと考えた。そして誕生したのが、農場の改良手段である、植物波農法である。

現在、比較的多くの人々に知られるようになった「イヤシロチ」、「ケガレチ」という言葉は、日本の上古代人の使っていた「カタカムナ」という文字に関連した古代神道その他の文献中から、楢崎が発見したものである。

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional